「お手伝い」をしてポイントを貯め「 お小遣い 」をGetする我が家のルール

子育て
この記事は約6分で読めます。

小学生にあがった娘の お小遣い について悩んでいたのですが、我が家なりのルールを決めたので、今日はそれについて書いてみます。

※あくまで我が家流で、期間限定のルールということで行っています。

 

(今年6歳の年子の弟も、当たり前のように参加しています😂)

 

小学校低学年ぐらいまでのお子さんや、お金に興味を持ち出したお子さんにオススメかなと思っています。

 

●「お手伝い」と「 お小遣い 」のリンク

「お金を貯める」とか「お金を支払う」とか…

「お金」というものに興味を持ち出した小1娘(と年子の弟🐵)に、どうやってお金について考えてもらうか…ということも最近悩んでいましたし、

お小遣いをどうやって渡したらいいか、そもそもお小遣いは必要か…ということも考えました。

 

私自身は、一定額を毎月もらっていましたが、子供たちには「自分で稼ぐこと」でお金の大切さも同時に学んでほしいなという気持ちがあり、我が家では「 お手伝い 」と「 お小遣い 」をリンクさせることにしたんです。

 

 

●期間限定にした理由

単純に、「お手伝いをお小遣い目的にして欲しくない」という、その1点だけです。

 

ただ、色んなお手伝いも経験して欲しかったですし、どんな手伝いが大変なのか(ポイントが大きいのか)も知ってほしかった。(ま、ポイントの大きさは私の主観ですが。)

 

そして、このコロナで引きこもり気味な長期休み。

少しでもワクワクしながら、家のことにも興味を持ってほしい。

家のことをする習慣をつけてほしい。

 

そんな気持ちで初めてみたのです。

 

なので、このシートが1枚2枚(後述)完成した頃には…普通のお小遣い制にしようか、また別のことをやってみようか考えると思います。

 

また、自分のことをするのは当たり前なので、それはお手伝いには含めません(後述)。

 

●ポイント制でゲーム感覚で楽しめるルール

結局、我が家では下記のようなシートを作成し、お手伝いをしてポイントを貯め、一定数ポイントが貯まるとお小遣いがもらえるというルールに。

 

例えば、洗濯ものを畳むと☆1つがもらえ、シールを1つ貼ります。高ポイントの風呂掃除だと☆3つ!

→星の決め方は、私がどれぐらい助かるかとか、子供たちだけで出来るものなのか私も一緒にやるものなのか…私の主幹で決めています😅

☆の数でみてわかるように、私は風呂洗いや掃除機が大変だと思っています←

 

10個目の☆の場所には「100」の文字。

10個☆を貯めると100円がもらえます。

 

逐一10円20円と細かい金額を渡すのが面倒だったのと、貯める楽しさも知ってほしいということでこのルールに。

 

20回に1回の頻度で登場する👍マークや🐖💰マークの時にはサプライズで何かもらえる(シールひと切れだったりお菓子だったり)というルールも決めています。

 

 

●お小遣いポイント制のルール

お小遣いをポイント制にした我が家での、ルールはこんな感じです。

 

〇自分のことはお手伝いではない

自分のお皿を洗った、自分の洗濯物を洗った…それは「自分のこと」。

なのでお手伝いとは言わないんだよ、ということを常に伝えています。

 

自分以外の誰かのことをやって、はじめて「家の仕事をした」となります。

 

〇お金の使い方は本人に委ねる

お金が貯まったら、すぐ使ってみたくなるのが子供。

 

基本的には、貯めて大きいものを買うのか、ちまちま買うのか、性格にもよると思いますし、私は本人にゆだねていますが、普段の買い物で買ってもらえるようなお菓子などに使ったらもったいないよねぇという助言はしています。

 

なので、うちの子たちは、お金を貯めて「ガチャポン」をしたり(100円で出来る時代じゃないのが不憫)、普段は買ってもらえないような、おまけがメインなのかお菓子がメインなのか分からないようなお菓子を買ったりしています。

 

お金を貯めて、普段は買ってもらえない「おまけがメインなのか、お菓子がメインなのか分からないお菓子」をGETした子供たち

 

〇定期的に残額を確認させる

お金をもらった時、使ったとき…残額がどれぐらいなのか、数えてみるようにしています。

 

お金の勘定の仕方もだんだんと分かるようになりましたし、出先でほしいものができたとき、自分の持っているお金と比較して、あとどれぐらい貯めないといけないのかも、少しずつ考えるようになってきました。

 

〇手を抜いたらポイントは給付されない

小1と弟には厳しいかもしれませんが…。

 

完璧さは求めていません。

 

心をこめて家族のためにやろうねと伝えています。

 

〇ポイントをだしにして手伝いを強要しない

これは私へのルールです。

子供には子供の時間の使い方があるので、強要はしません。

「ポイントもらえるからやって!」とも、もちろん絶対言いません。

 

 

●やってよかったこと

 

やはり、最初の頃に比べて仕事のクオリティが上がってきました…!

 

お風呂洗いも、最初は横についてみていましたが、今では二人であーだこーだ言いながら、楽しんでやってくれています。

 

また、お金を得るという楽しさ、自分で使い道を考える楽しさも少しずつ解ってきたようです。

 

なので、今後は普段のお手伝いではなく、自分で頑張ってお小遣いをgetできる方法を考えられたらなぁと、私も今から考えています。

 

●まとめ

ゲーム感覚で楽しめて、家事のことも少しずつ解ってきたので…

 

個人的には良かったなぁと思っています。

 

本人たちも楽しそうで良かったです。

 

 

長い休みの期間など、メリハリをつけたいときに特にオススメかな?

 

でもやっぱり「家のこと」はやって当たり前の精神を身につけて欲しいなぁと思うので、少しずつ教えていきたいと思います。

 

●お手伝い表(PDF)

私が作成したお手伝い表です。

もし参考にしてくださる方がいらっしゃれば…。スマホからだと文字化けするのでPCからがオススメです。

(コメントいただけると喜びます。)

お手伝いシート

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました