チョコレートをカカオから 作ってみた by Dari K

ライフスタイル
この記事は約8分で読めます。

「 チョコレートをカカオから 作ってみよう 」なんて、普段なら思いつきもしないんですけど…。

 

あるチョコレート屋さんのことを知り、「 カカオからチョコレート を作るキット」を購入することに!!

 

それが、京都のチョコレート屋さん【 Dari K】さんでした。

 

Dari Kさんは、インドネシアのカカオ農園さんと提携し、自社で豆からチョコレートを作ることに拘ったお店。

 

コロナで自粛自粛となる中、Dari Kさんは、考えました。

 

「ここでチョコレートの生産をやめてしまえば、インドネシアのカカオ豆農園の人たちが生活できなくなる…だからチョコレートは作り続けなければならない。」

 

そして、コロナ自粛で売り上げが8割も落ちていたにもかからず、

 

ある特定のチョコレートセットを消費者が購入すると、その金額に応じたチョコレートを医療従事者の方にプレゼントするという企画を…。

 

チョコレートを全部プレゼントすると、カカオを農園から買う資金がなくなるので、消費者から購入してもらった分に応じたチョコレートということにされたそう。

【Dari Kペイフォワードの記事はコチラ】

なお、この企画は2020年5月31日をもって、いったん終了しています。ただ、まだコロナは続いていて。また今後も支援できることを考えられているそう。また、インドネシアのカカオ農家サポートのための企画を今は開催中(詳しくは後述)

 

 

テレビでこの企画を見て感激し。

 

私もチョコレートを買うことに…

 

そして、その時に知ったのが、Dari Kさんから発売されている「カカオ豆からチョコレートを作れるキット」でした。

 

これを、チョコレートとともに購入。

 

その後、自分の入院やらで作れないなかったのですが…ちょうど夏休みに入ったので、娘と夏休みの自由課題を兼ねて作ってみました。

 

● カカオ豆からチョコレート を作ろう!

まず、キットに入っていた材料…

カカオ豆、チョコレートの型、説明書が入っています。

 

◯自宅で用意するもの

・砂糖30g

・フライパンとヘラ

・すり鉢と棒

・すり鉢が入るサイズの鍋

あとは、細々した…スプーンなど。

 

◯作り方

①豆を洗う

米を研ぐようによーく洗います。5分ぐらいが目安だそう。

 

②焙煎する

キッチンペーパーで水気を切った豆を焙煎していきます。

娘は「焙煎」という言葉をこの時初めて知りました。

油や水を使わずに、そのものの水分を飛ばしていくんだよ…というような話をしたかな。

 

10ー20分ほど焙煎していると、「パチパチ!」と弾ける音がしてきます。

一度火を止めて、1粒取り出し…豆を割ってみて、パキッと割れたら焙煎終了。

フニャッとしていたら、あと少しです。

 

③薄皮を剥く

 

ピーナッツのように、アーモンドのように…簡単に剥けます。

子供も楽しくできました。

④すり鉢で潰していく!

 

いやー!これが骨の折れる作業!

甘くみていました。

 

しかも、我が家、適当なすり鉢がない…

 

ご覧の通り、タイ料理の薬味をゴリゴリ潰す「クロックヒン」という石臼or薬味用の極小すり鉢。

 

 

手が潰れるんじゃないかというぐらい潰しました。

 

最後は、文明の力に頼りました。

そして、細かくなるようにふるいにもかけました。

 

 

 

ここからが失敗だったのです。

 

 

本当は、綺麗に細かくなったあと、「ネトッ」としだすまで、まだゴキゴキしないといけなかったようです。

 

細かくなったことに安堵し(普通のすり鉢よりさらに時間と手間かかるからね…)そのまま湯煎してしまったのです。

 

だから、湯煎でカカオが溶けないーと焦ることに。

 

皆さんは、ミルミキサーなど使っても大丈夫だとは思いますが、最終的にはしっとり?ねっとり?しだすまでゴキゴキしてください…。

 

 

④湯煎する

(本来なら)しっとりねっとりした状態の豆を湯煎します。

 

もちろん、湯が入らないように。

チョコレートを湯煎で溶かすように丁寧に。

 

湯煎しながらも、すり鉢でゴキゴキです。

 

私は、どうしてもまとまらなかったので、苦肉の策で溶かしバターを混ぜました。

(我ながら名案←)

 

 

そしてついに!

 

⑤型に入れるー!

 

トロっとせず、すこしジャリジャリですが…

私の影の努力もしらず、無邪気に喜ぶ子供たち…

⑥完成!!!

 

固まりました!!

え、嬉しい。

 

美味しいです!

 

味は間違いありません!!

 

風味が良いです。(バター使っちゃって申し訳なさすぎますが)

 

●娘の自由研究とチョコレートの豆知識

チョコレートキットの説明書には、カカオ豆の産地や、どうやって日本に輸出されているか…豆の種類など…

 

カカオ豆・チョコレートの豆知識も書いてくれています。

 

娘はチョコレート作りのレポの他に、その豆知識と、ネットで調べたカカオに関する知識を自由研究にまとめました。

 

初めての自由研究があまーいチョコレート♩

●Dari K 商品

私が今回注文したのは…

◯カカオ豆から手作りチョコレートキット

「カカオ豆から手作りチョコレートキット」

 

そして…

 

◯プレミアムチョコレート2種

当時ペイフォワード対象だったチョコレート2種セット。

 

(現在は終了しているので、価格抑えめに購入できるみたい。)

⬆︎ちょっとちょっと…このラングドシャの大判のようなチョコサンドクッキーがめちゃくちゃ美味しい…涙

 

特に、抹茶チョコレートの方…ずっと食べていられます。

オススメ。

 

●インドネシアのカカオ農園サポートのための新たな取り組み

Dari Kさんは新たに、インドネシアのカカオ農園をサポートするために新たな取り組みをされています。

 

新ペイフォワードとして今回行う、
「ペイフォワード・アグロフォレストリーセット」では、Dari Kさんが協業するインドネシアの500軒以上の契約農家の農園を
改善するための取り組みを行っています。

 

 

「ペイフォワード・アグロフォレストリーセット」は、手作りトリュフとドライフルーツやナッツをセットにして販売し、
その売上の3%をシェードツリーとして
人気のドリアンやココナッツなどの
苗木の購入費に充て、現地農家に配布するというもの。

 

詳細、サポートのための商品購入はコチラのURLから。

ペイフォワード ~コロナ禍で影響を受けたカカオ農家の未来のために~

 

私も、購入予定です。

 

●まとめ・感想

Dari Kさんの想いに共感して購入したチョコレートキット。

 

子供達がチョコレートについて知るきっかけにもなり、チョコレート作りを楽しむことがてきました。

 

こちらのお店は本当に真心がこもっているなぁと思ったエピソードを2つ。

 

まず、ペイフォワードで購入したチョコレートの他に、「コロナの自粛生活により配達業者の方の業務が増して大変なので、これを配達員さんにお渡しください」と、プレミアムチョコレートを2つつけてくださっていたこと。

 

本当に、配達業者さんにはめちゃくちゃお世話になりました。暫くはずっと、ネット注文でしたから…

 

少しはお礼の気持ちが伝えられたかなぁ。

 

 

そしてもうひとつ。

 

私がインスタグラムのストーリーにタグづけするたびにスタッフさんがコメントをくださるのですが、

チョコレートが固まらなかった件について、私の湯煎温度の問題かなぁ(チョコレートは湯煎温度が高いと逆に溶けない)と思い質問…

そうしたら、これはどうしましたか?ここはこうでしたか?と、何度もご連絡をくださり。涙

 

結果、すり鉢の過程が足りなかったことに気づきました。

 

お忙しいはずなのに、たったひとりのためにこんなに丁寧な対応をしてくださり。

 

心がほっこり。

 

至誠通典。

 

真心は必ず通じます。

 

わたしには通じました。だから私はこのお店のチョコレートを買い続けたいし、

それによって微力ながらも、お役に立てたらなぁと思います。

 

 

Dari Kさん、この度は本当にありがとうございました♡

 

Dari KさんのHP トップページは

【コチラ】から(購入もコチラ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました