追記【 Peacock Alley 】ヒルトンの最上級ホテル「ウォルドーフ・アストリア・バンコク」のアフタヌーンティー

●ホテル・アフタヌーンティー・ビュッフェ
この記事は約5分で読めます。

ニューヨーク・マンハッタンのミッドタウンにある「ウォルドーフ・アストリア(The Waldorf Astoria)」はヒルトンホテルファミリーの最上級ホテルブランド。

そんなホテル「ウォルドーフ アストリア」が2018年8月、東南アジアで初めてバンコクにできました。

 

ホテル自体もタイならではの「豪華絢爛」という雰囲気ではなく、スタイリッシュなのですが、そのラウンジ

「Peacock Alley(ピーコック・アリー)」で味わえるアフタヌーンティーがとっても素敵!

今回、バンコク生活の苦楽をともにしている同級生の友達と3人で、友達のお祝いも兼ねて行ってきました😊

 

ラウンジ「Peacock Alley(ピーコック・アリー)」

煌びやかなシャンデリアがお出迎え…もバンコクらしくて素敵ですが、洗練されたスタイリッシュなエントランスに、ホテルに入った瞬間からウットリ。

そこからエレベーターに乗ってアッパーロビーフロアへ。

 

開放的な空間!

ここで漂っている香り、大好きなんです。

私史上、最も思い入れがあり、愛してやまない 神戸・居留地の「ORIENTAL HOTEL 神戸旧居留地」を思い出しました…。

 

シンプルなのですが、洗練されていて落ち着いた空間。そのなかで、ピーコックを意識したのか?ところどころグリーンのクッションがアクセントになっています。

ここは、香港人の建築家、アンドレ―・フー氏が建築を手掛けられたそう。

 

アフタヌーンティー

お待ちかねのアフタヌーンティーがこちら!(写真は2名分)

The アフタヌーンティーという感じの器ではないのですが、シンプルで洗練されており、バンコクでは珍しい!新しいです。

お食事系のお皿と、甘味、柑橘系の蒸しパン(上記写真手前)、2種のスコーンが出てきます。

 

お食事系メニュー

こちらは1名分。お食事系のお皿には6品乗っています。時計まわりに、

サーモンといくら・ガーリックソースとイチジクのブルスケッタ・揚げ春巻き風巾着・えびロール・タルト・真ん中のワッフルコーンは、トルティーヤのような感じでした。(辛くはありません)

何を食べても私の口には美味しく感じました。クドくない!!

 

甘味メニュー

マカロンからスタートして時計回りに

キャラメル風味のマカロン・ザッハトルテ風のチョコレートケーキ・ココナッツを模したチョコレート&パッションフルーツケーキ・レモンクリームのタルト・ベリー系のシュークリーム・レアチーズ風味のケーキ(中央)

私、甘いものは大量に摂取できないので、アフタヌーンティーへ行っても、甘いもの好きな子に分けてあげたりするのですが。

ここの甘味、全部美味しい!!

クドくない!(アゲイン)

見た目で敬遠していたココナッツの形のケーキも、チョコの中にパッションフルーツソースが入っていておいしかったし、真ん中のケーキもメレンゲ系かな…と思っていたら中はレアチーズ系で食べやすく!

いい意味での裏切りの連続でした。

スコーン2種

プレーンとラズベリー&レーズンの2種を提供してくれます。

バター・いちごジャム・レモンカードの3種のソースが全てマッチ。最高です。

現在のメニューは下記の通り

● 「マリアージュ・フレール」がひとりワンポット

ドリンクは、コーヒーor紅茶を選べます。紅茶は「マリアージュ・フレール(Mariages Frères)」を頼むことができます。

1名につき、1ポット頼めます。

なのに、みんな同じものを頼むという・・・!笑

私たちは、ノンカフェインの「Marco Poko Rouge」をオーダー。おかわりも自由で、スタッフさんが時々つぎ足しに来てくれます。 

● サプライズのバースデーケーキのサービス

今回、友達の誕生日祝いを兼ねていたのですが、もう一人の友達が予約時にバースデーの旨を伝えてくれ、ラウンジからケーキのサプライズが!!

なんと、近々誕生日の私の名前も入れてくれています。ありがとう。涙

このケーキ、さっきご紹介したザッハトルテ系のしっかりめ濃厚なケーキでしたが、クドくなく美味しかったです♪

●価格・その他

2名1セットで<2,100THB++>

我々は3人だったのですが、プラス〈1,050THB++〉でハーフセット?1名分追加してもらえました。

 

また、今回バースデーケーキもあり、甘味を食べ切れなかったので、お持ち帰りもさせていただけました。

 

●まとめ&感想

ほんっとうに静かで落ち着いた時間を過ごすことができました!!

さすがに14時ごろになると混んできましたが、ガヤガヤした感じもなく。

スタッフの皆さんのホスピタリティも◎!

バンコクの他のアフタヌーンティーよりややお高めですが、お値段だけのことはあるなという感じで。

とにかくメニュー全てが美味しくて大満足でした^^

在タイ中、もう一度行きたいなー。

●2019年クリスマス限定ver.

今回、クリスマス限定ver.に行ってきました。

ウォルドーフにしては、可愛らしい印象の見た目。

(スタイリッシュさが売りだと勝手に理解していたため。笑)

クリスマスver.になったことで、「あれ?」となってしまったものも数点…😞

個人的には、ツリーの形の抹茶味のお菓子と、シュトーレンはNGでした😭

以前からある、ココナッツ型のパッションフルーツソースやチョコケーキは安定の美味しさ。

マリアージュフレールのクリスマス限定フレーバーが味わえるのはポイント高かったです。

※あくまでも素人の舌判断です

 

詳細&地図

●Peacock Alley(ピーコック・アリー)

●時間:アフタヌーンティー:13:00~17:00(事前に、12:00からスタートしたい旨を伝えると、予定が合えば時間を早めてもらえます)

●電話:0-2846-8888

●HP:

→予約はHPから可能

●料金:上記に記載

●地図:

コメント

タイトルとURLをコピーしました